Subscribe to 銀行系キャッシング会社のメリット Subscribe to 銀行系キャッシング会社のメリット's comments
Comments off

消費者金融の審査基準

消費者金融を利用したキャッシングは申し込みも簡単で、審査も短時間で終わり、早ければその日のうちに融資が受けられるスピード融資に人気があります。
消費者金融でキャッシングするためには、申込をすることから始まりますが、融資を受けるには審査に通る必要があり、審査は申込書に記入した内容と信用情報機関のデータから「申込者にお金を融資しても返してもらえるだけの返済能力があるかどうか」の判断をし、審査で融資限度額が決まったり、審査基準を満たさないため融資を断られることもあります。
審査はコンピューターでスコアリングシステムを使い、申込書に記入した年収、勤続年数、年齢などすべての項目と信用情報機関の個人情報のデータを元にして点数を付けていきます。
たとえば同じ会社で勤続年数が長ければ社会的信用もあり、収入が安定しているので属性が高いと判断されて点数が高くなりますが、勤続年数が数カ月といったときは点数が低くなったりします。
他社借入があれば、個人情報がデータとしてあるので返済で遅延などの問題を起こしていないときや完済が終わっているときなど、利用経歴で信用できることから点数が高く新規申込者は情報がないため信用度を調べることができないので点数が低くなり、融資限度額も様子をみるということから低めに設定されます。
申込をするとき、短期間に複数社を申込むと信用情報機関に申込があったことが記載され、ますます融資が受けられなくなるのでいきなり申込みをせず、「借入診断」などを使い、消費者金融審査に通るかどうかを調べることをおすすめします。


銀行カードローンは消費者金融のカードローンと比べると、低金利ですし最高融資額も高い傾向にありますが、その分慎重に審査が行われるため審査にかかる時間が長い、審査結果がおりてからカードが到着するまでに時間がかかるといわれています。

しかし、近年、消費者金融並みにスピーディーな審査を行い即日融資可能な銀行カードローンも増えてきました。銀行のカードローンというと窓口で手続きするもの、と思っている方もまだいるかもしれませんが、最近はインターネットで申込みから契約、融資に至るまで完結できる銀行カードローンも出てきました。また消費者金融でいうところの「無人契約機」のような「自動契約機」を全国各地に設置し申し込みからカード受取まで最短40分!なんてところもあります。

インターネットや電話で申し込んだ場合も最短30分で審査結果が受取れるなど、銀行カードローンの中にも1時間もあれば申し込み~契約まで完結させることが出来、契約を結べばカードが届く前・発行される前にも希望額を指定した口座に振り込んでくれるなど即日融資可能な銀行カードローンも増えてきています。

即日融資なのは消費者金融だけ!銀行のカードローンだと審査に時間がかかり即日融資を受けることは不可能なので金利が高いのを承知で消費者金融に申し込む、という方もいるようですが、即日融資可能な銀行カードローンがあることを覚えておけばいざという時に、選択肢が増え、お得に利用することが出来ると思いますよ。


無駄遣いなどをしてお金が足りなくなり、今日お金が必要となった際においては、消費者金融の即日融資が便利です。キャッシングは、個人を対象とした貸し付けサービスの事であり、原則として保証人などを必要としないです。


キャッシングが可能な消費者金融については、数多くありますので、それぞれを比較した上で決める必要があります。貸し付け条件などを確認しておく事で、よりお得にお金を借り入れることが可能です。借り入れをする際には、審査がされます。


審査の基準については、消費者金融によって違いがありますので、事前に確認をしておく事が重要となっています。安定した収入がある場合においては、容易に審査に通過をする事ができます。審査時間に関しては数分で完了します。


キャッシングは審査時間が短くて、今日お金が必要となった際においては、重宝できるサービスとなります。手軽にお金を調達する事ができますが、頻繁に利用をしないように心掛けることが大切です。そうすれば、返済に困る事がなくなります。


キャッシングの引き落とし期日に間に合わなかった男性のお話です。

キャッシングサービスを利用する際に、返済計画は立てていたものの、収入のギリギリで計画を立てていたため、突然の出費があると、どうしても返済が期日までに間に合わず、それでも「仕方がない。お金ができたら返せばいい。」で済ませている男性がいました。

期日に間に合わない場合、利用している会社より、「どうしたのか。いつまでには返済が可能か。」といった問い合わせの連絡が入ります。
彼はそんな状況に度々なっていました。ですが、それでも大事には至らなかったので、ずっと「仕方がない」で済ませてきてしまったのです。

しかし、返済期日に間に合わず、延滞してしまうと損害遅延金というものが科されます。これは通常の金利の約2倍を延滞料金として、返済に上乗せて支払わなくてはいけないのですが、借りている金額が少なければ、一度ならば少々のことではあります。
それでも無駄に返済額が増えることを考えると、損でしかないのですが、彼はそこまで不利益を感じてはいませんでした。

そうして延滞をすることにも慣れてしまった彼は、いつもの調子で延滞を続け、気づけば3ヶ月もの間、延滞してしまっていました。

さすがにそろそろ返済しなければならないと、しかし3ヶ月分の返済をすることはできず、そんなときに彼が知ったのが、別の会社から一時的に借り入れて、そのお金を返済に当てることでした。
ですが、彼はどこの会社の審査にも受かることはありませんでした。延滞が続き、信用情報機関にブラックリスト入りしてしまったのでしょう。

詳しくは=総量規制対象外のローンといえば


すぐに役立つ金利の計算方法です。

やはり、お金を借りる上で気になってくるのはいわゆる「利息」ですよね。ドラマや漫画だとトイチ(10日で1割の負債)なんておそろしい話もあったりしますが、そんな暴利なものはいわゆる闇金業者です。
ごく普通に即日融資のキャッシングを利用するだけであれば、まず闇金業者に関わることはないのでこわがる必要はありません。
きちんとした会社であれば、法律で定められた利率に沿っているので、そんなべらぼうに高い負債にはなりません。

そこで、金利を出す方式がこちらになります。
「借入残高×年利÷365×利用日数」
試しにこちらの方式に、10万円を年利10%の会社で30日間借りた場合を入れてみます。
すると、「10万×10%÷365×30」なので、利息は821円(少数以下は切捨て)になり、返済のときには10万821円を振り込むことになります。

このように借りている期間が長ければ長いほどに利息は増加します。
返済の見通しが全くつかない状況でキャッシングを利用した末に、なかなか返済できず、どんどん利息が膨れ上がっていくといったことは、避けましょう。

年利につきましては、各会社のHPに記載ありますので、どうぞそちらを参考にお試しください。(当サイトでもいくつかの会社の金利情報をまとめてありますので、そちらも参考いただければ幸いです。)
借りたい金額が安ければA会社がお得で、金額が高ければB会社がお得など会社ごとに多少なりとも差が出てきますので、この方式を利用して金利を計算の上で会社選びを進めると良いでしょう。


キャッシングとは急にある程度まとまったお金が必要となった人にとっては心強い味方となります。親戚や友人にお金を借りるという手もありますが、そう何度も借りれませんしその後の人間関係に影響することになりかねないので控えたいものです。

キャッシング会社は大きく分けると銀行系・信販系・消費者金融系の3つに分けることが出来ます。銀行系は融資審査は厳しいが金利が低いことが特徴であり、銀行や銀行系の会社が運営しているので利用者にとっては安心感があります。

消費者金融系は融資審査は通りやすいのですが金利が高く、信販系は銀行系と消費者金融系のちょうど中間に位置します。どの会社もサービスは同じレベルになっており、パソコン・スマホからの24時間申込みが可能となっています。

融資スピード審査や即日振込も標準で、返済もコンビニATMから振込み可能で、学生・主婦であってもアルバイト・パートにより定期的な収入があれば借入可能となっています。専業主婦であっても収入のある夫の同意があれば借入出来ます。