Subscribe to 銀行系キャッシング会社のメリット Subscribe to 銀行系キャッシング会社のメリット's comments

各社が取り扱っている即日融資可能な消費者金融には、多くの魅力あるサービスが整っています。その中でも、非常に人気のあるのが、無利息サービスです。

一定期間の間、金利0%でお金を借りることができるのですから、その使い道は多方面にわたることでしょう。無利息期間は、取扱会社によって異なっています。

ここでは、一週間無利息サービスを取り扱っている「ノーローン」を紹介しましょう。新生銀行グループの消費者金融会社である「ノーローン」は、「何度でも一週間無利息」の宣伝で有名です。

通常の無利息サービスは、初回の利用のみというように、限定的なものになっています。
その反面、ノーローンはその宣伝文句通り、「何度でも」無利息で借りることができるのです。

具体的には、一週間無利息でお金を借りて、完済日の翌月には、また一週間無利息サービスを受けることができます。

ようするに、毎月一回、一週間無利息でお金を借りることができるのです。窓口での申込以外にも、インターネットでの申込では24時間365日受付可能になっています。

審査スピードも比較的早く、申込を行ったその日に融資を受けることも十分可能です。来店不要で、いつでも融資や返済ができるので、その便利さは他社に比較しても非常に高いものがあります。

さらに、利用するごとに「楽天スーパーポイント」や「ネットマイル」「Gポイント」に交換できるポイント制度も備えています。お金を借りることで、様々な特典が付くのは嬉しい点です。

評判も上々で、口コミなどを見ても悪い評判は見かけません。「あと数日で給料が入ってくるのに!」このような場合には、ぜひノーローンの利用を検討してみましょう。


どんなに頑張って働いていても、まとまったお金が必要な時とは、人生の中で必ず訪れるものです。そんな時には皆さんはどうされますか?

いろんな方法があると思いますが、ここでは消費者金融からの融資と銀行からの住宅ローンや車・教育ローンなどの融資の違いについて考えてみたいと思います。

まず、この2つで大きく違うのは借りたい期間です。早期返済を目的とするのであれば、断然消費者金融です。貸す側としても、早期返済を想定しての貸し出しになりますので、当然利子は高めに設定されます。

しかし、その分融資のスピードも格段に消費者金融のほうが早いです。ですから、明日にでもお金が必要であるとなった場合に、対応できるのは消費者金融です。銀行ではそうはいきません。

反対に長期返済で、多額の融資が必要であれば、銀行の住宅ローンなど、目的に合った融資を受ける方が、得策です。長期での返済を想定しての、低金利で、多額の融資が可能です。

その分、審査も慎重になりますし、当然時間も掛かります。しかし融資を受けることができれば、その安心感は絶大なものであることは間違いありません。

しかし、どちらにしてもお金を借りるという点に関しては同じです。借りたお金は利子を含めて必ず返済しなくてはなりません。消費者金融は利子は高めですが、長期にわたる返済はする必要はないし、早く返せばそれだけ負担が軽くなります。

それに対して銀行からの融資は1回の負担は軽く済みますが、長期に渡り、毎回返済していく覚悟が必要です。


消費者金融でお金を借りた時、自分の計画としては毎月確実に返済できると思っていたけれど、返済期日までにお金が用意できず、仕方なく別の消費者金融からお金を借りて返済に充てる、という負のサイクルにより返済不能になったケースは少なくありません。

どんな理由にせよ長期間滞納を続けると、消費者金融側は資金回収の手段として裁判を起こす場合があります。

消費者金融が訴訟を起こすと、裁判所からその旨を伝える通知が自宅に届きます。通知には、2週間以内に異議を出すか、何月何日に裁判所に出頭せよということが書かれています。

このような通知が届いてはじめて、真剣に解決策を探りだす債務者もいることでしょう。

滞納を続け、訴訟を起こされる段階まで進んでしまった場合でも何とかなるのでしょうか。もし裁判所からの通知を無視し、何もせずにいると自動的に消費者金融側の勝訴となり、財産が差し押さえられます。ですから、必ず行動しなければなりません。

ひとつの方法としては、異議申し立てをすることです。異議申し立てをすると、裁判所から訴訟の呼び出し状のような書類が送られてきます。その訴訟の場で話し合いが行なわれ、和解への道が模索されます。

もし欠席したらその時点で原告の消費者金融が勝訴となるので、何が何でも出席しましょう。何とかして返済をするという意思を見せることで、和解への道が開けるかもしれません。

もう一つの方法としては、支払い督促が届いてから2週間以内、つまり裁判が始まる前に債務整理をすることです。

債務整理とは、法的に借金を一度見直して、借金で困っている人を再生させる方法のことです。債務整理にはいくつかの種類があるので、債務整理に詳しい司法書士に相談してみるのが良いでしょう。


消費者金融についてインターネットで検索するとたくさんの情報がヒットします。

ネットなどの情報によれば、まず延滞は1日として許されないようです。例え1日でも延滞すれば、催促の電話が掛かってくるそうです。

その電話も無視すると、電話の回数も増えるでしょうし、郵送物での催促もしてきます。

郵送物には消費者金融の名前はなく、担当者個人の名前で来るそうですが、その郵送物は明らかに不審なものだそうなので、家族に内緒でお金を借りている方にとってはかなり、嫌な行為ですね。

また電話も個人名で、自宅や会社にも掛かってくるので、最初の携帯への連絡が来た時点で必ず、お金借りるところの消費者金融に連絡を入れた方が無難と言えるでしょう。

そして、なるべく早く返済することをお勧めします。

消費者金融のホームページやパンフレットには借入の申込方法や、返済方法などはとても詳しくわかりやすく載っています。

昨今では借入シュミレーションなどもあり、お金をいくら借りたら利子がどの位で返済期間もどれくらいになるのかもわかるようになっていてとても便利です。

しかし、延滞や滞納をした場合の罰則や督促の仕方について、詳しく説明している会社はどこにもありません。なぜでしょう。

ネットでちょっと検索すると、延滞した場合の体験談や完済しなかった場合の体験談などたくさん載っています。

しかしどれも匿名での掲載でどこまでホントなのか、信憑性に欠ける情報ばかりです。各社がそれについて、はっきり述べていれば、未だに残っている消費者金融のマイナスイメージも払拭されるのではないかと思うのですが、皆さんはどう思われますか?


緊急にお金が必要になるのは、何もサラリーマンだけではないですよね。そんな時に消費者金融からお金を借りたいと思うのは、主婦って学生だって、アルバイトやパートの方だって例外ではありません。また定年退職などをしている人だってもちろんそうですよね。

実際に定年して退職し、年金生活を送るセカンドライフに入ってから消費者金融のカードを作りたいと考えている人、消費者金融の審査が通らないのではないかと心配になりませんか?

一般に、消費者金融からカートを作るためには安定した収入がなければならないと言われていますので、退職した後の安定した収入が無い状態ではお金を借りたい審査を通るのは難しいのではと予想してしまうのは当然です。

しかし、定年退職後というのは年金などの支給があるため、意外と安定した収入があると判断される場合もあるものです。

もちろんそれは消費者金融会社の審査の内容などによって異なるわけですが、退職後の消費者金融審査に対して前向きな考え方を持っている会社も増えてきています。

ですので、退職後の消費者金融審査が通るか通らないかというのは、年金を受給しているかどうかが一つの大きなポイントになってくると言えるでしょう。

昨今では定年退職された方への雇用も積極的に受け入れる企業も増えています。安定したセカンドライフを過ごすために、新たに仕事を見つけるのも一つの選択肢かもしれませんね。

また、退職前に審査を受けておいて、カードを作っておけば退職後も融資が受けやすいということもあるようですよ。


総量規制は貸金業からの借り入れ総額を年収の3分の1までと制限しています。個人の多重債務を防止することと同時に、消費者金融の貸付過多を防止することが目的の総量規制です。

消費者金融がかつてサラ金や高利貸しと呼ばれていたころ、無謀な貸し付けが横行していました。返済ができない金額を貸し付けてもサラ金にとってメリットがない、そう思われることでしょう。

しかしそれは現在の消費者金融という健全な姿を知っているからこその発言です。当時のサラ金を知っている方であればその意味が分かるでしょう。

過剰な貸し付けを行っておきながら保証人に代位弁済をさせる、強引な取り立てによって他社からの借り入れをさせてでも返済をさせる、親や親族に第三者請求をする、まるで闇金融のような取り立てがサラ金では行われていました。

過剰に貸し付けたとしてもそれを返済させるだけの手段がある、それがサラ金です。当然返済をしないことの恐怖は他社からの借り入れをしてでも返済をしなければならないという心情にさせます。

加えて出資法も29.2%と現在の20.0%よりもはるかに高く設定されていたため高金利の借り入れは雪だるま式に増えそれこそ瞬く間に多重債務に陥るものでした。

社会現象にもなった多重債務、ご存知のことでしょう。今では消費者金融が過剰貸し付けを行うことはありません。総量規制が年収の3分の1を上限として決めています。

またそれだけではなく金融庁、日本貸金業協会からも取り立ての自主規制ガイドラインが制定され、貸金業法でも強引な取り立ての禁止をしています。昔のようなサラ金ではありません。

2010年に貸金業法が改正制定されてからというもの、消費者金融はもはやサラ金ではなくなりました。消費者金融は怖いもの、そう考えている方も少なくはないでしょう。

それだけのイメージを作り出すにはサラ金時代は長いものです。今でこそ安心して利用できるだけのキャッシングになりましたが、その背景には黒歴史があり、それがあったからこその現在だと覚えておきましょう。


貴方はキャッシングと聞いて、どのようなイメージを持つでしょうか。

一昔前までは、「怖い」「悪い」「近寄りたくない」というイメージが強くありました。
しかし、最近のキャッシングはこのようなイメージは消えつつあります。

誰でも安心して利用できるように、サービスも向上しています。日常生活の中では、時としてまとまったお金が必要になる場合があります。

そんな時に、気軽に利用できるのが、現在のキャッシングです。

しかし、初めてキャッシングを利用される方は、多くの不安を抱える方も多いのではないでしょうか。

  • 申込みはどのように行えばいいのか?
  • 金利や返済の仕組みが分からない?
  • いつ、どのように、使うことができるのか?
  • 審査はどのように進んでいくのか?
  • そもそも、どこで申込んだらいいのか?

このような様々な悩みや不安を抱えていると、上手にキャッシングを利用することはできません。

初めてキャッシングを利用されるという方は、まず情報収集からはじめるようにしましょう。キャッシングについての情報は、あらゆる先で入手することができます。

即日融資キャッシングの仕組みを理解して、どのように利用していけばいいのかを考えます。多くのキャッシング会社と商品から、自分の生活スタイルに一番合った先を選び出します。

きちんとした返済計画を立てて、無理のない利用を心がけます。これらの点に注意しておけば、キャッシングは、貴方の強い味方になってくれるはずです。

初めての利用でも、安心して使いこなすことができるでしょう。


キャッシングの年齢制限は下限は20歳となっています。

クレジットカードを作るには18歳以上となっている業者もありますが、お金を借りるということに関してみてみるとどこの金融機関であっても20歳以上となっています。

自己責任という言葉があります。
自ら行った言動は自らが責任を負うということです。

成人を迎えると自己責任が求められます。
自立した一人の人間であることが成人のあかしでもあります。

これはキャッシングにも言えることです。

自分の責任によって借り入れをしたお金は返済をすること、20歳以上が対象として決められているのにはこのような理由があります。

反対に上限もあります。

そのキャッシング業者や銀行によって上限となる年齢には前後5歳ほど違いがありますが平均してみると65歳までとなっているところが多くなります。

お金を借り入れるためには安定した収入が利用の条件となります。

現在の金融業者の中で年金を収入として認めていることは少ないものです。

借り入れをしたとしても返済を確実に行うこと、それがお金を借りることの大前提です。
年金受給以外にも収入があれば借り入れはできます。

ところが、年齢が上がるにつれ返済可能な年数が少なくなるというのもまた事実でしょう。
年齢制限があるのは自己責任において返済が可能とされる年齢といえるでしょう。

自分が借りたお金は自分の責任で管理し返済をすること、これが金融業者からお金を借りることの条件でもあるわけです。

大手消費者金融一覧


Comments off

低金利でお金を借りる

何らかの目的があってお金が必要になったとき、誰もが考えることはどうせお金を借りるならできるだけ低金利で借りたいと考えます。

例えば、住宅や車購入などの目的でお金を借りたいとき、利用目的が決まっている場合は専用ローンを申込むことで非常に低い金利で融資が受けられます。

これは利用目的が明確であれば返済計画も立てやすく、担保や保証人を立てることで銀行や金融機関も安心してお金が貸せるからです。

銀行や消費者金融にはフリーローンという商品もあり、利用目的は特に決まりがなく、何に使ってもよいローンでこの場合は無担保でお金を借りられますが、目的ローンに比べて金利が高くなっています。

目的ローンは一度契約をすると返済だけになり、新しく融資を申込むときは再度申込から審査を受けることになりますが、フリーロンは一度融資限度額が決まると、その範囲内で何度でも借入れをすることができ、返済によって借入残高が減るとその範囲までの借入は自由にできるといった商品で、無担保でお金が借りられ、人に保証人などを頼む必要もなく自分の責任範囲内でキャッシングをするので他人に迷惑をかけることもありません。

消費者金融で即日キャッシングをするときは総量規制で年収の3分の1以内という制限があり、パートやバイトをしていてもキャッシングは可能ですが融資限度額はかなり低くなります。

少しでも多くを借りたいときは銀行カードローンがおすすめで、銀行は総量規制の対象外なので、銀行の審査に通れば年収に関係なく融資が受けられます。


キャンペーン……
なんと甘い言葉なのでしょう。

いろいろな特典やサービスを使い分けることにより、人生そのものも豊かにすることができるのです。

カードローンでも各社が、様々なキャンペーンを取り扱っています。キャンペーンは、顧客をより多く獲得する為の営業戦略でもあるのです。

そこで、カードローンの主なキャンペーンの種類について見てみましょう。

金利キャンペーン

店頭表示金利から、一定額のカードローン金利を差し引くキャンペーンです。その幅は0.2%〜0.4%程度の先が多くなっています。
少しでも低い金利で借りたい方にとっては、とても嬉しいサービスです。

無利息キャンペーン

一定期間無利息で融資を行うキャンペーンです。無利息期間は30日程度の先が多いですが、中には180日間といった長期間の先もあります。

初回限定ですが、無利息でお金を借りることができる点は大きなメリットといえます。

ポイントキャンペーン

利用金額に応じてポイントが付くカードローンもあります。キャンペーン期間中は、ポイント付与率が増加する内容の先が多くなっています。

貯めたポイントは、商品やキャッシュバックに利用できますので、楽しみにしながらカードローンを利用できることでしょう。

このようなキャンペーンについては各社基準は異なっています。

魅力的なものが多くなっていますが、キャンペーンは、あくまで付与的なものと考えることが大切です。中身をしっかりと把握して、自分にあった先を選ぶようにしましょう。