Subscribe to 銀行系キャッシング会社のメリット Subscribe to 銀行系キャッシング会社のメリット's comments

すぐに役立つ金利の計算方法です。

やはり、お金を借りる上で気になってくるのはいわゆる「利息」ですよね。ドラマや漫画だとトイチ(10日で1割の負債)なんておそろしい話もあったりしますが、そんな暴利なものはいわゆる闇金業者です。
ごく普通に即日融資のキャッシングを利用するだけであれば、まず闇金業者に関わることはないのでこわがる必要はありません。
きちんとした会社であれば、法律で定められた利率に沿っているので、そんなべらぼうに高い負債にはなりません。

そこで、金利を出す方式がこちらになります。
「借入残高×年利÷365×利用日数」
試しにこちらの方式に、10万円を年利10%の会社で30日間借りた場合を入れてみます。
すると、「10万×10%÷365×30」なので、利息は821円(少数以下は切捨て)になり、返済のときには10万821円を振り込むことになります。

このように借りている期間が長ければ長いほどに利息は増加します。
返済の見通しが全くつかない状況でキャッシングを利用した末に、なかなか返済できず、どんどん利息が膨れ上がっていくといったことは、避けましょう。

年利につきましては、各会社のHPに記載ありますので、どうぞそちらを参考にお試しください。(当サイトでもいくつかの会社の金利情報をまとめてありますので、そちらも参考いただければ幸いです。)
借りたい金額が安ければA会社がお得で、金額が高ければB会社がお得など会社ごとに多少なりとも差が出てきますので、この方式を利用して金利を計算の上で会社選びを進めると良いでしょう。


キャッシングとは急にある程度まとまったお金が必要となった人にとっては心強い味方となります。親戚や友人にお金を借りるという手もありますが、そう何度も借りれませんしその後の人間関係に影響することになりかねないので控えたいものです。

キャッシング会社は大きく分けると銀行系・信販系・消費者金融系の3つに分けることが出来ます。銀行系は融資審査は厳しいが金利が低いことが特徴であり、銀行や銀行系の会社が運営しているので利用者にとっては安心感があります。

消費者金融系は融資審査は通りやすいのですが金利が高く、信販系は銀行系と消費者金融系のちょうど中間に位置します。どの会社もサービスは同じレベルになっており、パソコン・スマホからの24時間申込みが可能となっています。

融資スピード審査や即日振込も標準で、返済もコンビニATMから振込み可能で、学生・主婦であってもアルバイト・パートにより定期的な収入があれば借入可能となっています。専業主婦であっても収入のある夫の同意があれば借入出来ます。